ZAITEN
最新号案内 バックナンバー 購読申込 単行本案内 別冊案内 会社概要 求人情報 広告料金 クレーム研究所 編集者ブログ お問い合わせ サイトマップ
2016年08月02日
「ZAITEN」9月号社告が日経新聞に掲載されました。

本日8月2日、「ZAITEN」9月号の社告が日本経済新聞・朝刊全国版・5面に掲載されました。

M8-2ZAITEN.jpg

2016年07月31日
「ZAITEN」9月号は8月1日月曜日発売です。

「ZAITEN」2016年9月号は8月1日月曜日、全国の書店にて発売になります。
ご注文はZAITEN公式サイトまでどうぞ。

今月のラインナップは……

【総力特集】
日本企業「コネ入社」の罪と罰
――あるいは、「フジテレビ化」 する日本企業の病理

■「コネ採用」横行が招く日本企業の衰退
《内容》確かに、かねてから「コネ採用」はあった。当然、人材登用にコネを使うも、使わないも私企業が判断することである。しかし昨今、コネ採用があまりに横行していないか。クローニーキャピタリズムは日本企業、そして日本社会を蝕む。

■世襲が招く“教育格差”が日本を亡ぼす
《発言者》経済学博士 参鍋篤司(「世襲格差社会」共著者)

■フジテレビ日枝会長が築いた「縁故王国」の命脈
《内容》フジテレビ社長就任からもうすぐ30年。クーデターで鹿内家を追放して以来独裁を敷く日枝会長だが、フジの凋落は目を覆うばかり。その宿痾には「コネ採用」があった。

■電通vs.博報堂「コネ採用」人質ビジネスの実態
《内容》コネ入社の代表的な職種といえば広告代理店、特に電通・博報堂を外すことはできない。呆れたお荷物社員からスーパーエリートまで、大手代理店コネ入社組の実態を探る――。

■取引銀行・企業に“腰掛入社”する「オーナー企業」御曹司・令嬢たち
《内容》同族会社の御曹司・令嬢が大学卒業後、メインバンクにコネ入社するのはお決まりのコース。大半が腰掛けで数年後には家業に戻るが、その後、銀行から裏切られるケースも少なくない。

■凋落する「霞が関」から子女を引き上げる高級官僚たち
《内容》官僚ジュニアたちが霞が関で「閨閥」を築いた時代も今は昔。かつてはキャリア、ノンキャリを問わず、自らの子女を中央官庁に送り込もうとしたが、積年の官僚の地位低下でそのトレンドは変化している。

■松下政経塾「反・世襲議員」の挫折
《内容》1980年に「我が国を導く真のリーダー」育成を目指し創設された松下政経塾。「地盤・看板・カバン」を持たない若者たちに政界への門を開いたが、期待は民主党政権の崩壊と消えた。

■創価学会 自給自足のコネクションで失われた「教勢拡大」の力
《内容》公明党議員も信濃町の本部職員も、多くが「抜擢人事」で選ばれるという創価学会。さらに”学会共同体”は会員たちに自足した世界を提供している。しかし、そこに活力はあるのか。

■JR「鉄道一家」が跋扈する特殊コネ事情
■中国「コネなし名門大学生」の悲しき未来


【第2特集】
みずほ佐藤社長の「ラストスパート」

■PART1 佐藤社長が入れ揚げる「お寒いフィンテック狂騒曲」
《内容》メガバンク経営者の中でも最も「フィンテック」に熱を上げているとされる佐藤康博みずほFG社長。しかし、その内実はあまりにお粗末。本当に大丈夫か。

■PART2 “平穏総会”を切り裂く個人株主提案「48%賛成」の衝撃
《内容》システム障害、暴力団融資……「荒れる株主総会」が通り相場だったみずほFG。今年は平穏に過ぎたかに報じられたが、ある個人株主の提案が波紋を広げている。

■PART3 佐藤社長が力む「サラ金ビジネス」参入の勝算
■PART4 「Oneみずほ」推進に衝撃の賠償命令


【企業】
キヤノン「東芝メディカル買収」に御手洗会長の因果
《内容》公取委に「グレー」と断じられてまで手に入れた東芝メディカル。血眼の買収は東芝の米原発会社買収と重なる。御手洗氏の晩節は。

日立製作所“驕る中西会長”が嵌った「英国原発」の泥沼
《内容》高速鉄道と原発。日立が英国で特に力を注ぐ事業だ。しかし、中西会長が推進した事業は“Brexit”によって……。

帝人「製薬部門法令違反」の陰に“覇気なき経営者”
《内容》凋落続く繊維大手、帝人。その中で唯一気を吐く医薬品部門で不祥事が発覚。問題認識から半年超を経た公表の陰に統治不在。

DOWAホールディングス“独裁者”山田社長の「恐怖政治」に社内沈黙
《内容》非鉄の名門企業、DOWAホールディングス。中興の祖の改革で業績を回復させた同社が混迷に喘いでいる。その元凶とは……。

三井金属 仙田社長退任に81歳「人斬り相談役」の影
《内容》事実上、業績不振の責任を取る形で去った62歳の若社長。齢八十を超える実力相談役に抜擢された社長を切ったのは誰だ。

シダックス「カラオケ事業」譲渡に気になるビジネスパートナー
今治造船、佐藤食品…「銀座」不動産を買い漁る“田舎企業”
東急不動産「心斎橋攻略」にナニワの風当たり
《連載・没落の創業家》
クラレ・大原家

【金融】
黒田日銀vs.平野・三菱UFJ 金融界揺さぶる「醜悪バトル」
《内容》我が国のトップバンクを自認する三菱UFJが黒田日銀に造反
――。 巷間取り沙汰されている前代未聞の反目劇に、三菱東京UFJ銀行のスキャンダル報道まで飛び出す情勢。 どちらが先に折れるのか。

MUFG「ピーターラビット」 か 「寄付」 しか選べない株主優待


【広報・企業対応】
JAL「酒乱パイロット逮捕」の危険すぎる安全体制
《内容》最高の営業利益、最高の経常利益。業績好調なJALに降って湧いた不祥事。一歩間違えば大惨事にも繋がりかねない事件で安全管理体制への信頼は崩れ去った。

《連載・素朴な疑問なんですが…》
大正製薬
勘違いさせる健康食品のキャッチコピー

《余計なお世話なんですが…》
エイベックス
「カラオケボイスドリンク」本当にプロの歌手が飲んでいる?

《連載・クレーマーズレポート》
JTB
「個人情報流出の可能性」発表後の顧客向け意味不明メール

《あきれた「広報実話」》
JTB 広報室

銀座ルノアール「上場企業」とは思えない昭和な広報対応


【マスコミ】
日本テレビ株主総会で噴出「ナベツネ社外取締役」への引退勧告
《内容》日本テレビの株主総会で、渡辺恒雄氏に対する「社外取締役不信任」動議が株主により提起された。これをきっかけに、同氏の社外取締役とは名ばかりの勤務実態が浮かび上がった一。

テレビ朝日と番組審議委員の不適切な関係
朝日新聞出版「不可解人事」の裏事情

【社会・国際】
「埼玉県保険医協会」で内紛 新旧執行部が泥沼の訴訟合戦
■「プーチンを篭絡せよ」ロシアビジネスの知られざる極意

■気鋭の倫理学者が語る「日本に蔓延る”違和感”の正体」
《発現者》日本大学危機管理学部教授 先崎彰容

■なぜ歌舞伎町では“ぼったくり”がなくならないのか
《発現者》社会学者 武岡暢

■安倍政権の政策では「日本消滅」は回避できない
《発現者》明治大学政治経済学部教授 加藤久和


【ゴルフ】
■ISPS半田晴久会長インタビュー
「プロアマ大会欠場プロは本戦資格を剥奪する!」
青木功会長就任でも変わらない男子プロゴルファーのスポンサー軽視
JGAの”インチキ”ハンデに外国人の嘲笑
九州の名門 「古賀ゴルフ・クラブ」の狭すぎる風呂場
《連載・人気ゴルフ場「辛口スコア」》
東筑波カントリークラブ

《新連載「ゴルフ飯」》
小樽カントリー倶楽部旧コースの「かねひろジンギスカン」

【連載】
■巻頭連載・あの人の自宅
三菱東京UFJ銀行 小山田隆頭取

■マッド・アマノのパロディ連載「今月のWHO ARE YOU?」
JAL植木社長と大西会長「酒乱中につき運行休止!」

■霞が関「官僚人名録」
二川一男(厚労事務次官)/香取照幸(厚労省元年金局長)/唐沢剛(厚労省前保険局長)/菅原郁郎(経産事務次官)/今井尚哉(総理秘書官)/柳瀬唯夫(経産省経済産業政策局長)/矢野康治(財務大臣官房審議官)/糟谷敏秀(経産省製造産業局長)/安藤久佳(経産省商務情報政策局長)

■米国人記者J.アデルシュタインが見たニッポンの非常識
外国人記者から見た参院選のつまらなさ

■斉藤貴男の「ああみっともない」
永田町に今も居座る小沢一郎


なお、デジタル版は下記サイト他にてお求めになれます。
富士山マガジンサービス

2016年04月26日
「ZAITEN」6月号は5月2日発売です!

『ZAITEN』2016年6月号は5月2日(月 )、全国の書店にて発売です。
ご注文は『ZAITEN』ホームページまでどうぞ。

デジタル版は下記サイトでお求めになれます。

デジタルe−hon

雑誌オンライン

富士山マガジンサービス

ソニー「Reader Store」


201606.jpg

■特集 「健康食品広告」 の ウ ソ
「新聞広告」 消費者を騙す作為的手法
本誌特集班
ライオンの新聞広告が初の健康増進法勧告となった爛薀ぅンショック瓩陵焦箸冷めやらない健康食品業界。しかし、問題なのはライオンの広告だけではない。社会の木鐸たる新聞紙上には今日も爐いがわしい畊告が乱舞する――。

広告掲載メディア「何でもアリ」の問われる責任

ルポライター古川琢也
まさに「赤信号みんなで渡れば怖くない」状態の健康食品広告の現実。「個人の感想」ならばどんな内容でも許されるのか? メディアのモラルが問われている――。

消費者の役に立たない「掃き溜め官庁」 消費者庁
ルポライター古川琢也+本誌特集班
発足して7年が過ぎた消費者庁だが、当初最も期待されていた使命である悪質業者の取り締まりは進んでいない。取り沙汰されている徳島移転が仮に実現すれば、その存在感はさらに薄まることになりかねない――。

「マスコミサイト」を利用する悪質食品広告
ITジャーナリスト  三上洋

「擬似科学」で消費者を騙す健康食品広告
明治大学教授石川幹人
なぜ人はかくも科学的根拠に乏しい爐いがわしい瓩發里房罎れてしまうのか――。企業は「擬似科学」を無意識に求める人間の心理を巧みに利用している。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■企業
旧アルゼと提携してまで 「カジノ解禁」 にしがみつく
セガサミー里見会長 「宿敵和解」のジリ貧
ジャーナリスト田中幾太郎
永田町、 スポーツ界のタニマチとして知られるセガサミーホールディングスの創業者 ・ 里見治会長兼社長。訴訟合戦を繰り広げてきた遺恨の相手 ・ 旧アルゼと合弁会社を設立し手を結んだが……背後

JXホールディングス渡文明氏「80歳でも元気に出社」
本誌ガバナンス問題研究会
それにしても、枯れない御仁である。安倍晋三首相と会食やゴルフに明け暮れ、いまだ顕職にしがみつく。旭日大綬章を得た傘寿の老翁を突き動かす妄執とは……。

日本郵政 「新体制」 に早くも深刻な首脳陣の対立

ジャーナリスト茶谷英一郎

次期「関経連会長」狙う阪急・角会長の狃平心

ジャーナリスト 幅 耕平
高浜原発の稼働停止仮処分に露骨に反発する角会長。次期関経連会長を狙う老醜パフォーマンスにほかならない。

革新機構トップに舞い降りた「日産ゴーンのイエスマン」
ジャーナリスト 沢田剣三
日産自動車副会長から産業革新機構会長に転じた志賀俊之氏。シャープ争奪では官邸、経産省の「噛ませ犬」を演じる有り様。

経産省 組織再編で強まる新日鉄住金の「金属支配」
ジャーナリスト 北島敬一
経産省では鉄鋼課と非鉄金属課が統合、「金属産業課」が誕生するが、その背後からは旧新日鉄の高笑いが聞こえる。

フジ日枝会長がすがる狎商瓮汽鵐吋ぅ咼詒單膽卍

ジャーナリスト 蘆田勝三
産経新聞から離脱して快進撃を続けるサンケイビル。安倍官邸と近いフジの「政商ビジネス」を担う飯島一暢社長とは。

日本電産 ・ 永守会長 「ブラック追放」 に呉氏の転身
ジャーナリスト堅城由紀夫

三菱重工内装工事をしながら「納品航海」 する豪華客船の呪い
ジャーナリスト藤谷洋一

東芝 大阪 ・ 茨木をコケにする「スマートタウン構想」
ジャーナリスト野村勝

仏ゼネコン「ヴァンシ」オランド大統領も駆使する日本侵略

没落の創業家
三越伊勢丹HD《小菅家》
三越の 狹傾牒 より早くに放逐された伊勢丹の創業家

伏字でご容赦
関西老舗オーナー企業ボンボン社長のデタラメ経営を憂う怪文書
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■金融
犒われ 寺澤横浜銀行「ゆうちょ銀行接近」 の背信
ジャーナリスト真野響介
4月、 東日本銀行と金融持ち株会社、 コ ン コ ルディ アFGをスタートさせた横浜銀行。さらなる提携を模索するが、 各行は敬遠。 結果、 ゆうちょ銀行との距離を縮めるが……

みずほ銀行 「年度末にまたもシステム障害」 の末期症状
本誌変種部

金融庁 ・ 森長官が開く
三井住友銀行 「内紛の扉」

ジャーナリスト北野晶夫
金融界の 狢翩の目〞 として存在感を増す森信親長官率いる金融庁。 その矛先が、三井住友銀行の統治体制に向けられた。 旧行対立の パ ンドラの箱の蓋が開く可能性も。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■社会
日清紡HD河田正也社長に糾す
「記者を愚弄する広報の任命責任」

本誌編集部
「奇を衒う」 を通り越して、 「醜悪さ」 すら漂う日清紡ホールディ ングスのテレビCM。その公共性を問う本誌記者を広報責任者は愚弄した―。 経営者は事態を把握すべきである。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■Reprt Z
博報堂ベンチャー社長を喰った
ヤリ手広告マンの 「不適切請求書」

ジャーナリスト黒薮哲哉
広告マンの要諦は 「トップに喰い込むこと」だが、クライアント企業が傾いては元も子もない。金の切れ目が縁の切れ目―。掌を返した博報堂営業マンが残した 「請求書」を精査すると……

朝日新聞に公取委が 「注意」
販売店を追い込んだ飯田会長の来歴

ジャーナリスト渡辺かおる+本誌取材班
新聞・テレビは報じないが、公正取引委員会は朝日新聞社に対して 「注意」処分を下した。新聞販売の宿痾 「押し紙」を巡る対応だが、その陰には、朝日社内の知られざる権力構造があった。

合コンに励み年上との同棲を夢見る霞が関 「若手草食官僚」 の世界
ルポライター横田由美子
かつての官僚はもっと気概や気骨があったはず。嫌われながらも国家のために働く。そんな官僚像はもはや昔話。ニッポンの明日を背負う若手官僚のチャラいことチャラいこと……。

東日本国際大学
人気急上昇の裏に 「創価大学」 の影

ジャーナリスト古谷円
積極的な海外留学生の受け入れと運動部の強化で人気上昇中の東日本国際大学。だが、創価学会2代会長の在籍した学び舎の系譜を継ぐことはあまり知られていない。

「SMAP解散騒動」
スポーツ紙とテレビ局の大罪

芸能ライター 常田裕
国民的アイドルすら所属事務所に逆らえば屈辱の謝罪を強いられることが露呈したSMAP解散騒動。芸能界の裏に精通したジャーナリストが 爛屮薀奪〞 を通り越した芸能界とメディアの現実を語る。

リフォーム ・ ナカヤマ「5年以内に株式上場」のまやかし
ジャーナリスト笹岡雅也

日本循環器学会理事選 「候補者たちの呆れた素顔」
ジャーナリスト・関家一樹

トナミ運輸 「綿貫家」国宝級財宝めぐる 猩掘港蠡灰丱肇覘
ジャーナリスト 横関寿寛

ヒルトン ・ ホテルズ 「タイムシェア」 にガッカリの声
ジャーナリスト 出井康博
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■スポーツ
スポーツ ・ ジャーナリズムを捻じ曲げる
大手メディアの「偏向報道」

スポーツ評論家玉木正之
野球賭博の「感想」 を述べたコメントに猛然と噛みついたのは大手新聞の元運動部長だった。それだけではない。 「スポーツ」への言論を都合よく封じるテレビ・新聞は数多い。

東京五輪の「闇」を報じない腰抜けの国内メディア
米国人ジャーナリスト J.アデルシュタイン

ホメ過ぎ御免
熊崎勝彦日本野球機構コミッショナー

JGTO青木功会長就任1カ月で早くも 猊垓和音
ゴルフジャーナリスト・宮崎紘一

JGAが採用する「日本ルール」に世界から 犲詐亅

ゴルフジャーナリスト・宮崎紘一

人気ゴルフ場「辛口スコア」
 カバヤゴルフクラブ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■NHK
後藤田正純衆院議員インタビュー
「NHKは東京・渋谷から移転せよ!」

余計なお世話なんですが…
NHK
新宿地下街での「番組宣伝」は受信料の無駄遣い

斎藤貴男の 「ああみっともない」
NHK自然映像が映す国会空転の現実
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■企業対応
クレーマーズレポート
ハーバー研究所
利益還元率を改悪したセコい「新・株主優待制度」
■広報・宣伝:
素朴な疑問ですが
日清オイリオグループ
ニュースリリースに「余計なこと」は書くな!

あきれた広報実話
久光製薬 広報室&商品担当
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■連載
あの人の自宅
セガサミー HD
里見治 会長兼社長

横田由美子の 「霞が関官僚実名録」
寺岡光博(財務省官房長官秘書官)
山尾志桜里(民進党政調会長)
蒲原基道(厚労省大臣官房)
二川一男(厚労省事務次官)
弥頭陽子(陸上自衛隊一佐)

あの人の肉筆
信越化学工業・金川千尋会長

今月のWho are you?
日清紡HD・河田正也社長

会長・社長の相性学【特別篇】
安倍晋三vs.ヒラリー vs.トランプ

著者インタビュー
真鍋 厚
『テロリストワールド』

ブックレビュー

プリーズ、虫めがね!
プリーズ、携帯電話!
欄外 1行情報


fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ


カテゴリー
財界展望新社 Copyright (C)2003-2014 ZAIKAITENBOSHINSHA,All Rights Reserved.