「残る薬剤師」「消える薬剤師」

¥ 1,728 税込

商品コード: ZP01311

関連カテゴリ

  1. 単行本
数量

全国29万人薬剤師に送る
薬剤師過剰時代「生き残り」の処方箋

《内容紹介》
現在の『薬剤師不足」は一過性大手調剤・ドラッグストアのM&A加速レセプト「突合点検」で査定が急増リフィル・マイナンバーで「立地環境」激変「超高齢社会」でどう存在感を示すか「薬学教育6年生」の衝撃

届出数29万人に迫る「薬剤師過剰」、大手調剤薬局チェーンによる中小零細薬局買収、ドラッグストアの調剤部門参入、強まる一方の医療費削減圧力、そして、「医薬分業」への厳しい眼差し…薬剤師および薬局を取り巻く環境は厳しさを増している。医薬・薬局業界材歴30年以上の著者が、薬剤師・薬局をめぐる現状を分析。その将来像を展望した、薬剤師および薬局経営者「必読の1冊」。

《著者紹介》
藤田道男
ふじた・みちお
医薬ジャーナリスト。中央大学法学部卒。医薬関係の出版社、薬業時報社(現じほう)入社後、取材記者を経て各媒体の編集長を歴任。退職後、フリーの医薬ジャーナリストとしてとして各種媒体の編集・企画のほか、独自取材、執筆、講演活動を精力的に行う。2010年、「保険薬局マーケティング研究会」を立ち上げ、薬局・薬剤師の教育研修に携わる。11年、超高齢社会における薬局・薬剤師の在り方を追究する目的で同研究会を「次世代薬局研究会2025」(NPO法人申請中)に改組、代表を務める。
「次世代薬局研究会2025」ホームページhttp://jisedai2025.com

藤田道男 著
定価 本体1600円+税
発行日 11月27日
ISBN  9784879340221