ZAITEN
最新号案内 バックナンバー 購読申込 単行本案内 別冊案内 会社概要 求人情報 広告料金 クレーム研究所 編集者ブログ お問い合わせ サイトマップ

HOMEバックナンバー一覧 > 2012年04月号目次

『ZAITEN』
2012年4月号 定価:630円
※全国書店でお求めください。



刺激的な経済情報満載!
今月号もホットな話題を
続々お届けします。

↓ 本誌の内容はこちら ↓


特集:
「人事部」の権力

特集:
“生殺与奪”を握られる社員たち
リストラ再燃で増す「人事部」の権力
ジャーナリスト 溝上憲文
東日本大震災、円高と厳しい経営環境の中で、リストラの嵐が再び日本のサラリーマンを襲おうとしている。当然、その執行人を務めるのが人事部だ。10年余にわたり人事部が培った“人切り”のノウハウが発動される日は近い。



特集:
「成果主義」失敗の後がない
日本企業の閉塞する「人事制度」
Joe's Labo代表 城 繁幸
1990年代後半、日本企業の人事制度は年功序列から成果主義へと大きく舵を切った。しかし、改革の多くは失敗に終わり、いまなお「ポスト成果主義」制度を導入する企業は少ない。このままでは日本の“雇用空洞化”が進むばかりだ。




特集:
経験者は出世するのか「人事部長」その後の盛衰
本誌特集班
一般的に、出世の近道と言われる「人事部長」。それでは、本当に人事部長経験者は社内で出世しているのか――。経営トップの来歴を基に、“元人事部長”のその後の盛衰を検証する。





特集:
「リストラ候補選定」から「不祥事対応」まで
「人事部の都市伝説」を検証する
ジャーナリスト 溝上憲文
経営の要諦は「社員をいかに働かせるか」であるが、当の社員からしてみれば、人事部は自分たちを管理・監視するセクションと言える。人事をめぐる狹垰堙狙皚瓩鬘僉A形式で解説する。



特集:
採用担当者が語る「受かる学生」「落ちる学生」
就職活動も本格化し始め、街にはリクルートスーツに身を包んだ学生が目につくようになった。社会人になるにあたって必ず経験する入社試験。人事担当者は一体どんな学生が欲しいのか。

第2特集:
日立「独り勝ち」の陥穽

第2特集:
犢ツ喚疇立製作所の「危うい足下」
リストラ効果だけで「次の収益事業」が見えない
ジャーナリスト 幅耕平
今年3月期の業績予想では「大手電機8社中の稼ぎ頭」と、昨年の好調ぶりが持続しているかのように喧伝されている。「選択と集中」効果が表れ始めたといわれているが、マスコミの論評に疑問が湧いてくる。


第2特集:
中西社長を悩ます「原発」と「後継者不足」
ジャーナリスト 是枝康孝
社長就任から4月で丸2年を迎える中西宏明氏。日立復活の立役者とも言われ、天性の明るさとサービス精神で市場関係者からの評価も高い。HDD事業売却など構造改革を進めるが、原発設備の海外受注や「ポスト中西」問題で課題も多い。


第2特集:
上場子会社11社を残す「手ぬるいグループ再編」
ジャーナリスト 錦小路京平
2009年7月に発表の上場子会社5社完全子会社化を機に本格化したグループ再編。昨年20年ぶりに最高益更新と見事に実を結んだ。さらに今年4月には新体制を整え、GEやシーメンスなどに立ち向かうと言い切るが、「手ぬるい再編」と揶揄する声も一方で上がっている。


企業:すでに「ブランド失墜」
「ストリンガー」を許したソニー社外取締役の責任
ジャーナリスト 真野響介
4月に平井一夫副社長が社長兼CEOに就任し、新経営体制となるソニー。成長事業として医療分野の強化などを掲げるが、前途は厳しさを増すばかり。経産省周辺では、公的支援を視野に入れたシャープとのデジタル家電大統合を模索する動きも出ている。


企業:前財界総理の“喜寿の決断”
キヤノン御手洗会長
節操なき「社長復帰」の晩節
ジャーナリスト 福沢昭一
経団連会長退任から2年、キヤノンの御手洗冨士夫会長が動いた。留守居役を務めた社長を廃し、自らが社長に返り咲く人事を発表したのだ。齢七十六にしての社長復帰に、その晩節を危ぶむ声は日増しに強くなっている。




企業:700MHz帯の電波取りで攻防激化
KDDI ソフトバンク孫社長に翻弄される「無策経営」
ジャーナリスト 加藤勝
「たたきつぶしてやる」――。「つながる自由」と暗にソフトバンクを揶揄するテレビCMを流しているKDDIに、孫正義社長は激怒。対するKDDI側は、電波配分をめぐる争奪戦であたふたするばかり。これまでの無策経営が足元を揺さぶっている。


企業:若返りで収益拡大を目指すという詭弁
2事業会社社長更迭で始まったキリンHD三宅社長の「恐怖政治」
ジャーナリスト 須藤秀彰
HDの加藤会長が相談役に退くと同時に、事業会社のトップも代わった。注目された2人の社長がキリンを去るに及んでは、三宅HD社長による「恐怖政治」の幕開けという声も上がる。


企業:3分の2の車両が20年以上も走り続ける
「乗客」より「スカイツリー」を選んだ東武鉄道の経営感覚
鉄道ジャーナリスト 梅原淳
話題の東京スカイツリーが5月に開業する。世界一のタワーとあって前評判は上々だが、650億円もの巨額投資に比べ、東武鉄道を走る列車は老朽化が目立つ。中には半世紀走り続け、いまなお現役の車両もある。


企業:視界不良の唐突な統合話
経産省も見放す「日の丸半導体」
エルピーダメモリ「墜落寸前」
ジャーナリスト 山角太久夫
3年前から進めてきた再建計画がとん挫し、3月末には資金繰りに行き詰る。DRAMが「産業のコメ」からありふれた汎用品になり下がり、経済界からは「もはや日本にDRAMメーカーは不要」という声が日に日に高まっている。


企業:
DeNA vs. グリー「ゲームオーバー」なき泥仕合
ジャーナリスト 江島渚

企業:
4億円脱税詐欺事件公判で見えてきた
NEXCO中日本「用地買収の裏工作」

ジャーナリスト 片山正文

企業:
決算で大幅見込み違い
ダイキン井上会長に近づく引き際

企業ミシュラン:有名企業の職場環境・給料
読売新聞大阪本社
記者はみんな「サツ回りロボット」

『MyNewsJapan』 渡邉正裕
ネットジャーナリズムサイト『MyNewsJapan』 と弊誌『ZAITEN』とのコラボレーションでお届けします。


病院解剖:有名病院の「医療の質」と「経営事情」
東京医科歯科大学医学部附属病院
官僚体質から抜け出せない「研修人気ナンバーワン病院」
ジャーナリスト 田中幾太郎

Reprt Z:遅きに失した救済措置
遅きに失した救済措置「公認会計士浪人」を生んだ金融庁の“愚策”
ジャーナリスト 伊藤歩
難関資格試験、公認会計士試験が揺れ続けている。合格率は低下の一途を辿るが、監査法人の採用縮小を受け、合格しても実務経験を積む機会が与えられない未就職者が累積。そこで金融庁が要件緩和を打ち出したが、小手先の措置では事態は好転しない。



Reprt Z:
「ポイント問題」再燃で露呈する
調剤薬局チェーンの強欲
ジャーナリスト 立花正博
調剤の一部負担金に対してポイントを付与する「調剤ポイント」制度。厚生労働省は「容認」の姿勢を示してきたが、一転。改めて「原則禁止」を打ち出した。これに対して、調剤分野への進出を急ぐドラッグストアは大反発。その陰には、ライバルの調剤薬局チェーンの蠢動も囁かれる。



Reprt Z:
新日本理化株急騰で囁かれる仕手筋「加藤繊徂活説の真贋
ジャーナリスト 横関寿寛

Reprt Z:就職率1位の現場を克明レポート
新刊『福井大学はなぜ就職に強いのか』著者に聞く
本誌編集部
4年連続で就職率全国1位をキープしている福井大学。北陸地方にある中堅国立大学はなぜ「高い就職率」と「低い離職率」を達成し続けているのか。新刊『福井大学はなぜ就職に強いのか』の著者で教育ジャーナリストの木村誠氏に聞いた。



連載:
あの人の自宅
平井一夫 ソニー新社長

連載:
人気ゴルフ場「辛口スコア」
太平洋クラブ&アソシエイツ 美野里コース

連載:
横田由美子が聞いた見た永田町噂話

連載:
著者インタビュー
川端幹人
『タブーの正体』

連載:
高橋利行の永田町コラム

連載:
佐高信「今月の呆れた政治家」
細川護煕

連載:
クレーマーズレポート
JR東日本 男性が目立つ「女性専用車」

連載:
グローバル企業名鑑
インドネシアの民族資本
ブミ・リソーシズ

連載:
友里征耶のホテルレストラン勝手格付け
帝国ホテル「レ セゾン」


連載:
プリーズ、虫めがね!
プリーズ、携帯電話!

バックナンバーのご購読はこちら
メルマガ配信のお申込はこちら
財界展望新社 Copyright (C)2006-2009 ZAIKAITENBOSHINSHA,All Rights Reserved.