ZAITEN
最新号案内 バックナンバー 購読申込 単行本案内 別冊案内 会社概要 求人情報 広告料金 クレーム研究所 編集者ブログ お問い合わせ サイトマップ

HOMEバックナンバー一覧 > 2016年09月号目次

『ZAITEN』
2016年9月号 定価:648円
※全国書店でお求めください。



刺激的な経済情報満載!
今月号もホットな話題を
続々お届けします。

↓ 本誌の内容はこちら ↓


特集:「フジテレビ化」 する日本企業の病理を問う―
日本企業「コネ入社」の罪と罰

特集:日本企業「コネ入社」の罪と罰
「コネ採用」横行が招く
日本企業の衰退
本誌特集班
確かに、かねてから「コネ採用」はあった。当然、人材登用にコネを使うも、使わないも私企業が判断することである。しかし昨今、コネ採用があまりに横行していないか。クローニーキャピタリズムは日本企業、そして日本社会を蝕む。

特集:日本企業「コネ入社」の罪と罰
世襲が招く犇軌薐丙広瓩日本を亡ぼす
経済学博士 参鍋篤司
「世襲」が与える「低成長」という負の影響は大人の間だけの話ではない。「教育格差」はさらなる貧困を産み、子孫たちによって拡大再生産される―。

特集:日本企業「コネ入社」の罪と罰
フジテレビ日枝会長が築いた
「縁故王国」の命脈
ジャーナリスト 古谷円
フジテレビ社長就任からもうすぐ
30年。クーデターで鹿内家を追放して以来独裁を敷く日枝会長だが、フジの凋落は目を覆うばかり。その宿痾には「コネ採用」があった。

特集:日本企業「コネ入社」の罪と罰
電通vs.博報堂「コネ採用」
狄夕船咼献優広瓩亮詑
本誌特集班
コネ入社の代表的な職種といえば、広告代理店、特に電通を外すことはできない。呆れたお荷物社員からスーパーエリートまで、コネ入社組の実態を探る――。

特集:日本企業「コネ入社」の罪と罰
取引銀行・企業に犢掛入社瓩垢
「オーナー企業」御曹司・令嬢たち
ジャーナリスト 田中幾太郎
同族会社の御曹司・令嬢が大学卒業後、メインバンクにコネ入社するのはお決まりのコース。大半が腰掛けで数年後には家業に戻るが、その後、銀行から裏切られるケースも少なくない。

特集:日本企業「コネ入社」の罪と罰
凋落する「霞が関」から
子女を引き上げる高級官僚たち
ジャーナリスト 横田由美子
官僚ジュニアたちが霞が関で「閨閥」を築いた時代も今は昔。かつてはキャリア、ノンキャリを問わず、自らの子女を中央官庁に送り込もうとしたが、積年の官僚の地位低下でそのトレンドは変化している。

特集:日本企業「コネ入社」の罪と罰
松下政経塾「反・世襲議員」の挫折
ジャーナリスト 出井康博
1980年に「我が国を導く真のリーダー」育成を目指し創設された松下政経塾。「地盤・看板・カバン」を持たない若者たちに政界への門を開いたが、期待は民主党政権の崩壊と消えた。

特集:日本企業「コネ入社」の罪と罰
創価学会 自給自足の“学会コネクショ ン”で
失われた「教勢拡大」の力
季刊『宗教問題』編集長 小川寛大
公明党議員も信濃町の本部職員も、多くが「抜擢人事」で選ばれるという創価学会。さらに牾慍餠ζ餌劉瓩浪餔たちに自足した世界を提供している。しかし、そこに活力はあるのか。

特集:日本企業「コネ入社」の罪と罰
JR「鉄道一家」が跋扈する特殊コネ事情
本誌特集班

特集:日本企業「コネ入社」の罪と罰
【中国発】コネなし名門大学生の「悲しき未来」
ジャーナリスト 富坂 聰

特集2:
みずほ佐藤社長の「ラストスパート」

特集2:みずほ佐藤社長の「ラストスパート」
佐藤みずほ
「お寒いフィンテック狂騒曲」
ジャーナリスト 真野響介
メガ バ ンク経営者の中でも最も「フィンテック」に熱を上げているとされる佐藤康博みずほFG社長。しかし、その内実はあまりにお粗末。本当に大丈夫か。

特集2:みずほ佐藤社長の「ラストスパート」
みずほ猜寝坐躄餃瓩鮴擇衫く
個人株主提案「48%賛成」の衝撃
ジャーナリスト 大森譲司
システム障害、暴力団融資……「荒れる株主総会」が通り相場だったみずほFG。今年は平穏に過ぎたかに報じられたが、ある個人株主の提案が波紋を広げている。

特集2:みずほ佐藤社長の「ラストスパート」
みずほ佐藤社長「サラ金ビジネス」参入の勝算
ジャーナリスト 宿毛虎彦

特集2:みずほ佐藤社長の「ラストスパート」
みずほFG「Oneみずほ」推進に衝撃の賠償命令
本誌編集部

企業:
「東芝メディカル買収」に
キヤノン御手洗会長の因果
ジャーナリスト 阿蘇秀人
公取委に「グレー」と断じられてまで手に入れた東芝メディカル。
血眼の買収は東芝の米原発会社買収と重なる。御手洗氏の晩節は。

企業:
“驕る中西会長”が嵌った
日立製作所「英国原発」の泥沼
ジャーナリスト 幅 耕平
高速鉄道と原発̶。日立が英国で特に力を注ぐ事業だ。しかし、中西会長が推進した事業は“Brexit”によって……。

企業:
帝人「製薬部門法令違反」の
陰に“覇気なき経営者”
ジャーナリスト 大原 楓
凋落続く繊維大手、帝人。その中で唯一気を吐く医薬品部門で
不祥事が発覚。問題認識から半年超を経た公表の陰に統治不在。

企業:
DOWA“独裁者”山田社長
恐怖政治が築く「沈黙の壁」
ジャーナリスト 掛川 香
非鉄の名門企業、DOWAホールディングス。中興の祖の改革で業績を回復させた同社が混迷に喘いでいる。その元凶とは……。

企業:
三井金属 仙田社長退任に
81歳「人斬り相談役」の影
ジャーナリスト 垂水俊介
事実上、業績不振の責任を取る形で去った62歳の若社長。齢八十を超える実力相談役に抜擢された社長を切ったのは誰だ。

企業:【連載】没落の創業家
クラレ・大原家
ジャーナリスト 安芸舜一郎
5代目となる創業家の最後の砦は 「美術館」 と 「病院」

企業:
シダックス「カラオケ事業」譲渡に
気になるビジネスパートナー
ジャーナリスト 鳥井泰秀
価格競争に対応しきれず、大幅赤字を計上したカラオケ部門。株式分割譲渡で危機回避を狙うが、その譲渡先には暗い過去が……。

企業:
バブル再来「銀座」不動産を
買い漁る“田舎企業”
ジャーナリスト 京橋英雄
マイナス金利で出口を失ったマネーが地方から東京へ流れ込む。その行き先は、いつもの銀座。誰が同地を買い漁っているのか。

企業:
東急不動産 「心斎橋攻略」 に
ナニワの風当たり
ジャーナリスト野村 勝

金融:
黒田日銀vs.平野・三菱UFJ
金融界揺さぶる 「醜悪バトル」
ジャーナリスト 北野晶夫
我が国のトップバンクを自認する三菱UFJが黒田日銀に造反
―ー。 巷間取り沙汰されている
前代未聞の反目劇に、三菱東京UFJ銀行のスキャンダル報道まで飛び出す情勢。 どちらが先に折れるのか。

金融:
MUFG
「ピーターラビット」 か 「寄付」 しか
選べない株主優待
本誌編集部

広報・企業対応:
JAL「酒乱パイロット」で露呈した危険すぎる牋汰幹浜体制″
本誌取材班
最高の営業利益、最高の経常利益一。業績好調なJALに降って湧いた不祥事。一歩間違えば大惨事にも繋がりかねない事件で安全管理体制への信頼は崩れ去った。

広報・企業対応:素朴な疑問なんですが…
大正製薬
勘違いさせる健康食品のキャッチコピー

広報・企業対応:余計なお世話なんですが…
エイベックス
「カラオケボイスドリンク」本当にプロの歌手が飲んでいる?

広報・企業対応:クレーマーズレポート
JTB
「個人情報流出の可能性」発表後
の顧客向け意味不明メール

広報・企業対応:あきれた「広報実話」
JTB広報室

広報・企業対応:
銀座ルノアール「上場企業」とは思えない昭和な広報対応

社会:
日本テレビ株主総会で噴出
「ナベツネ社外取締役」への引退勧告
ルポライター 古川琢也
日本テレビの株主総会で、渡辺恒雄氏に対する「社外取締役不信任」動議が株主により提起された。これをきっかけに、同氏の社外取締役とは名ばかりの勤務実態が浮かび上がった一。

社会:
テレビ朝日と番組審議委員の不適切な関係
ルポライター 古川琢也

社会:
朝日新聞出版「不可解人事」の裏事情
ジャーナリスト 古谷円

社会2:
「埼玉県保険医協会」で内紛
新旧執行部が泥沼の訴訟合戦
本誌編集部
4000人の会員を有する埼玉県保険医協会。任意団体とはいえ、年間2億円超もの会費を集める組織が一部の幹部によって私物化されてきた疑いが浮上している。

社会2:
「プーチンを篭絡せよ」
ロシアビジネスの知られざる極意
ジャーナリスト 織田重明
プーチン大統領の出身地とKGBの人脈から形成されるロシアの 爛灰夕匆餃瓠そのどちらも持ち合わせない日本企業はいかに大統領に擦り寄るか。

社会2:
気鋭の倫理学者が語る
「日本に蔓延る牋穗卒境瓩寮蟻痢
日本大学危機管理学部教授 先崎彰容
牴燭瓩嘘くさい、そして牴燭瓩気持ち悪い―。戦後日本が迎えたかつてない混沌の時代。閉塞感に包まれたこの国を根底から脅かす「違和感」の正体とは何なのか―。

社会2:
なぜ歌舞伎町では
爐椶辰燭り瓩なくならないのか
社会学者 武岡暢
わずか600メートルほどの路上に、実に1000人もの客引きが存在するという新宿歌舞伎町。誘蛾灯のごとき猖眦圻瓩脳化が叫ばれながら「ぼったくり」がなくならない理由とは一。

社会2:
安倍政権の政策では
「日本消滅」は回避できない
明治大学政治経済学部教授 加藤久和
人口減少の危機が差し迫る中、政治家の思惑に左右される社会保障改革や財政改革。安倍政権は、目先の選挙に捉われて、先延ばしにしてきた改革を今度こそ実行に移すべきである。

ゴルフ:
ISPS半田晴久会長インタビュー
「プロアマ大会欠場プロは本戦資格を剥奪する!」

ゴルフ:
青木功会長就任でも変わらない
男子プロゴルファーのスポンサー軽視
ゴルフジャーナリスト 宮崎紘一
御託を並べてプロアマ大会を欠場、フォーマルな前夜祭ではド派手なジャケットにスニーカー……。6月に開催された男子ツアー「ISPSハンダグローバルカップ」で醜態を晒したプロたち。

ゴルフ:
ここがヘンだよ「日本のゴルフ」
JGAの爛ぅ鵐船瓮魯鵐任乏姐饋佑林涵
オーストラリア在住ゴルファー 発切言造
シングルプレーヤーと胸を張る日本のゴルファーが平気で
90台を叩くと呆れる外国人。そのカラクリはJGAが導入した「インターネット・ハンデキャップ・システム」にあった。

ゴルフ:
九州の名門 「古賀ゴルフ・クラブ」の狭すぎる風呂場

ゴルフ:新連載
「ゴルフ飯」
小樽カントリー倶楽部旧コースの
『かねひろジンギスカン』
前田信吾

ゴルフ:人気ゴルフ場「辛口スコア」
東筑波カントリークラブ

連載:
霞が関「官僚人名録」
ルポライター 横田由美子
二川一男(厚労事務次官)
香取照幸(厚労省元年金局長)
唐沢剛(厚労省前保険局長)
菅原郁郎(経産事務次官)
今井尚哉(総理秘書官)
柳瀬唯夫(経産省経済産業政策局長)
矢野康治(財務大臣官房審議官)
糟谷敏秀(経産省製造産業局長)
安藤久佳(経産省商務情報政策局長)

連載:米国人記者が見たニッポンの非常識
外国人記者から見た参院選のつまらなさ
米国人ジャーナリスト J.アデルシュタイン

連載:斉藤貴男の「ああみっともない」
永田町に今も居座る小沢一郎
ジャーナリスト 斉藤貴男

バックナンバーのご購読はこちら
メルマガ配信のお申込はこちら
財界展望新社 Copyright (C)2006-2009 ZAIKAITENBOSHINSHA,All Rights Reserved.